ワンこの支援物資・

災害情報、被災地の様子が気にかかる。
ニュース、ネットで情報をさがす。


それ以外は何気なくいつもと同じように暮らしているが、

心の奥に「申し訳ない」の気持ちを抱えている。

直接的には何もできない。。。





被災地の保護団体さんが被災した犬猫のフードの支援を募っていた。
   (保護団体さんは幸いにも被害はなかったとのこと。)




お店に行くとアイ〇ス・ユーカ〇バ・ヒ〇ズetc...
迷う・・・



限られた予算の中で少しでも量の多いものを。

「グラム単価が一番お得なのは?」
と聞くと電卓をたたいて計算してくれたが

「被災地に送りたい」の言葉に


「それならブリーダーさん用がいいと思います!」


店頭には陳列されていない大袋を倉庫から持ってきてくれた。

e0191826_054188.jpg



「こちらも今お買い得です」とささみ巻きガムもすすめてくれた。


ストレス解消になるよね。



そして
「サンプルのフードもできるだけたくさん入れておきますね!」
の言葉。


伝票に「できるだけ早く・と記しておきますね!」とも。



『希望』の文字が頭に浮かんだ。。












e0191826_112113.jpg






まるこの死を伝えると


「・・・泣いた・・?」


って聞いてくれた。。


小さなボーイフレンド・


e0191826_1141686.jpg

by hana_chabi | 2011-03-21 01:30 | オサミごととモンまる

モン(猫17才)まるこ(犬2011・1に13才で天国へ)そしてななみ(推定12才)共に保健所経由のモンまるななみと私オサミのプチ日記・


by hana_chabi