大掃除のわけ・その1




昨夜から引っ張ってきた

季節にそぐわない大掃除のわけは、

これです↓


e0191826_23564615.jpg




これだけじゃぁわかんないよね・・・




全体は



e0191826_2358526.jpg





アレルギー検査の結果票。




問題はここ。



e0191826_23585671.jpg





160以上が最大だそう・・・




e0191826_23594727.jpg




犬・猫が200って007.gif







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




大雪が続いた今年の2月、

階下の母のテリトリーでお風呂に入っていたときのこと。


の~んびり湯船に浸かっていると

喉がいがらっぽくなり『ケホン、ケホン・・・・』

うん?なんだろ・・・

そのうちに

『グワ~、ゲッホン、ゲッホン、ゲッホン、ゲッほん、ウォ~、
                          グワッホ~ン~!!!』


心臓はバクバク、呼吸はゼーゼー。

これはますい!

バスローブを羽織り、階段を駆け上がった。


半ば半裸状態で自室へと転がるように向かうオサミ。

そのあとを追いかけてくる母。



キッチンの収納棚から取り出した薬箱をガバァ~っとひっくり返す。

 ないっ!!

もう一つのお薬入れのケースもひっくり返す。

 ないっ!!


寝室に駆け込み、ベッド脇の本棚に目を遣る。



 あったぁ~!!!




e0191826_0235952.jpg





急いで手にとり、食卓椅子に座りテーブルに突っ伏す。


絶え間なく出続ける咳きと涙と涎。

完全な呼吸困難。







おろおろとする母が何やら言葉をかけてきている。

何を言ってるかはわからない。声が耳に入ってくるだけ。

もちろん応える余裕などない。



人生、そこそこ長くやってきて

未だかつて喘息の発作なんて経験したことがなかった。


それでもこの状態は喘息発作であること、

今自分に起こっていることが非常に危険な状況であるという

判断だけはできた。





『これはマズい・・ほんとにマズい・・救急車・・・?・・』

『ダメだ・・・今呼んでも、間に合わない・・・絶対に間に合わない・・・』


『・・自分で手を打つしかない・・・落ち着け・・落ち着け・・落ち着け・・・・』







                     明日につづく・・・
by hana_chabi | 2013-08-28 01:08 | モンとななみ

モン(猫17才)まるこ(犬2011・1に13才で天国へ)そしてななみ(推定12才)共に保健所経由のモンまるななみと私オサミのプチ日記・


by hana_chabi