めんめ・2



・・・そうして
めんめは一人、おじいさんの家に残されました。
おじいさんには別なところに暮らしている息子さんとそのお嫁さんがいました。


息子さんもお嫁さんも優しい人でめんめの事を案じて
週に2回は訪れてご飯やお水、遊びの相手をしてくれました。
が、
お嫁さんは強度の猫アレルギーでめんめに触ることができません。
なのでお家に連れて行くわけにはいかず、
どうしたものか・・・と・・・1か月が過ぎていきました。




e0191826_01371762.jpg



そんな日々を繰り返していたある日のこと、、
なんとそのやさしい息子さんが急死してしまったのです。
お嫁さんは突然の悲しい出来事に憔悴しきりました。
そんな状況の中でもめんめのことが気になり、気になり、
ある日
知人に話したところ里親を探してくれる人がいることを知りました。





e0191826_01444322.jpg


🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈


2016年12月
モンチがいなくなってからの1年、
次々と押し寄せる
めまい・全身の筋肉の痛み・あちこちの関節の痛み・に悪戦苦闘していたオサミは
気持ちがすっかり負けてしまっていました。
それまで楽しかったことも楽しいと思えなくなり、
出かけることも人に会うことも億劫になり、いつも口をへの字に曲げて。。
ほとほと疲れ果てていたある日
『ネコがいるといいなぁ・・・ネコさわりたいなぁ・・・』



e0191826_02133159.jpg

  



 あぁ、マズい・・今日で完結・のはずが眠い・・



      夕飯後の長めの居眠りで目が冴えてしまったとは言え
      さすがにネムい・・・ 
         
            あ~~~、ごめんちゃい、また次回に=💦






Commented by milleco at 2017-04-29 16:37 x
めんめちゃん、そういう経緯だったのですね。
週に2回でもお世話されて良かった。
でも、とっても寂しい毎日だったでしょうね・・・(TдT)
でもでも、優しいお嫁さんがどうして優しいご主人の急死なんて辛い出来事に遭わなきゃならないのでしょう?
言葉を失います。

オサミさん、その後体調はいかがですか?
どうぞお大事になさってね。
でもって、続きを待っています〜!
Commented by オサミ at 2017-05-03 23:15 x
♪millecoさんへ
  甘えん坊のめんめを撫でてあげることができなくてお嫁さんも
心を痛めていたと聞きました。
週に2回でもお世話してくれて、行く末を案じてくれて、
血液検査を済ませ・たくさんのご飯とおやつと
移動用のバッグを持たせてくれて、
こんなに心優しい人が本当にお気の毒で・・・

体調、まずまずのところで推移しています。
心配おかけして何やら申し訳ないですm(__)m
続き、待って頂いて恐縮しきり(;^ω^)
明日は必ず!!  (ホントだね・・・?byめんめ)




名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hana_chabi | 2017-04-20 02:31 | めめごと | Comments(2)

モン(猫17才)まるこ(犬2011・1に13才で天国へ)そしてななみ(推定12才)共に保健所経由のモンまるななみと私オサミのプチ日記・


by hana_chabi